トップページへ リフト★   
   一本勝負!

このスキー場に
      行け!

ゲレンデ    
   ヌーヴォー

極私的     
 スキー場批評

スキー場    
    歴訪記録

スキー場用語 
     小辞典

雪の素材集 雪山千夜一夜物語
websiteの 
     道具箱

リンク集
http://yomo-ski.sports.coocan.jp/ サイトマップ


 ゲレンデで、アイドルばかり聴かないで 

 スキー場とアイドルの関係性について、このサイトでは2012シーズンに下記の記事を書いた。
 「アイドルはゲレンデの夢を見るか」

 その後、アイドルとスキー場の関係はますます深くなってきている。
 本稿では、2015シーズンにおける状況について、記録しておきたい。

 
 
1.Negicco

 前回の記事で書いた本グループであるが、あれからというもの、元ピチカート・ファイヴの小西康陽や、オリジナル・ラヴの田島貴男など、渋谷系を知るオジサンにはたまらないライター陣が楽曲を提供するようになった。本稿のタイトルは、小西康陽が書いた「アイドルばかり聴かないで」に由来する。
 新潟のアイドルなので、もっとスキー場に行きたくなるような曲を出して欲しいな、と密かに思っていた矢先、2015シーズンに「光のシュプール」という、もうゲレンデ音楽としては文句なしのシングルをリリースしてきた。
 このグループは「にいがた観光特使」でもあるので、この曲とともに新潟のスキー場を盛り上げて欲しい。


 
 
2.メジャーにはメジャーを

 プリンスホテルグループと東急リゾートグループは、近年プロモーションを共同で行っている。
 今シーズンもスキー場プロモーションは共同なのだが、アイドルについては、それぞれメジャーレーベルでデビューしているアイドルグループを起用することになった。

 プリンスホテルグループが起用したのは、E-girlsである。(アイドルとはちょっと違う気はするが)
 楽曲は「Mr.Snowman」と、プロモーション用に書き下ろしたような作品。
 CMもできている。→https://www.youtube.com/watch?v=BuMMY94myeI

 一方、東急リゾートグループの方はSUPER☆GiRLSを起用した。
 楽曲は「ギラギラRevolution」なのだが、リリースがシーズンも終盤の3月とのことで、これを書いている時点ではPVがない。
 その代わりと言ってはなんだが、メンバーの中の4人をモデルにしたサイトがあるので、紹介しておこう。→http://travel.mdpr.jp/tokyu_snowresort_d1_jyoshitabi

 それぞれ、今後どのようなタイアップ活動がされていくのか、見ものである。
 
 
 
3.スキー場専属

 上に紹介したアイドルはすでにデビューしているグループの話だが、こちらはなんとスキー場専属のアイドルである。
 ハチ・ハチ北ガールズは「スキー場専属」のさきがけとなるグループで、2015シーズンですでに3期目になる。この間、メンバーの入れ替え等もあって、現在は3名で活動中。
 スキー場だけではなく、HMV神戸店などでミニライヴをするぐらいなので、なかなか本格的と言えよう。

 そして、2015シーズンから活動を開始したのが、下記の5組。
 ・ちくさガールズ
 ・ダイナランドガールズ
 ・鷲ヶ岳ガールズ
 ・箱館山ガールズ
 ・オーンズガールズ
 名前を見れば分かる通り、全部マックアースのスキー場である。
 募集年齢が18歳以上ということなので、アイドルというよりはミス○○に近いと思うが、マックアースはスキー場業界のみならず、アイドル業界にも旋風を巻き起こすのか、ちょっと気になる。
 
 
 
 このようにいろいろな形で、「スキー場とアイドル」という組み合わせができている。
 2012年の前回記事でも触れたが、いまだにローカルアイドルブームは続いたままである。

 どういった形であれ、スキー場が盛り上がるのはいいことである。
 今後とも、この流れは注目していきたい。
 
 


データ最終更新:2015.1.18