トップページへ リフト★   
   一本勝負!

このスキー場に
      行け!

ゲレンデ    
   ヌーヴォー

極私的     
 スキー場批評

スキー場    
    歴訪記録

スキー場用語 
     小辞典

雪の素材集 雪山千夜一夜物語
homepageの 
     道具箱

リンク集
http://yomo-ski.sports.coocan.jp/ サイトマップ


 アイドルはゲレンデの夢を見るか 

 日本にスキーが伝えられて100年余。
 レルヒ中佐が新潟県の高田で初めてスキーを教えた日ということで、1月12日は「スキーの日」となっている。
 そこで、これを記念して当日は各地のスキー場でいろいろなイベントが行われている。

 2012シーズン、ガーラ湯沢では新潟県の観光キャラクター、レルヒさんとともにNegiccoという新潟をベースに活動するアイドルグループがイベントに出演していた。
 イベントの様子は、ファンの方がYoutubeにアップされているので、こちらをクリックしてご覧頂きたい(別ウインドウが開きます)。
 このサイトの読者なら一緒に踊っている(?)新潟県の観光キャラクター、レルヒさんの方がなじみがあるかもしれない。
 
 
 さて、「スキー場とアイドル」という組み合わせは、あるようでなかった気がする。改めて、どのような効果があるのか考察してみたい。

 まず、スキー場としては、来場者が多少なりとも増えることが期待できるだろう。
 実際のところ、2月にもこのグループが出演したイベントが行われていることからして、スキー場としてそれなりに手応えを感じられたのだと思う。

 また出演する側にとっても、プロモーションの絶好の機会といえるだろう。特にガーラ湯沢のような首都圏からの来場が多いスキー場は、地方で活躍するアイドルにとって、地元以外での知名度を上げ、新規のファンを開拓できるまたとないチャンスであろう。
 大都市圏からの来客が多数を占めるようなスキー場でパフォーマンスが出来るということは、貴重な場である。さらには、このような層にアピールするためにそこまで出向かなくてもいいので、移動はグンと楽になる。
 
 
 では、いままでこのような組み合わせがなかった理由はなんだろうか。
 一つには、「アイドルは都市部に集中している」ことが挙げられるだろう。これは活動範囲がテレビや雑誌なので、都市部に拠点があった方が都合がいいからであろう。
 無論、現在でもそれは大きく変わりないが、徐々に地方に根付いた活動をするアイドルが増えてきた。その中には自治体や商店街が「町おこし」的にプロデュースしている例も多々ある。
 そんなわけで、今(2012年)はこのような地方をベースに活躍するアイドルが100組もあるといわれており、まさしく百花繚乱なのである。
 また、いわゆる「地方アイドル」ならば、費用の面(ギャラや交通費など)でも比較的安価で済むことも利点の一つである。

 つまり、「スキー場とアイドル」という組み合わせは、地元に根ざしたアイドル側の供給は十分にあり、スキー場さえ声をかければイベントの開催は可能と思われる。

 なお、この記事で冒頭に紹介したNegiccoはそんな地方アイドルの頂点を選ぶイベントで見事グランプリを得たグループであり、活動歴も10年を迎える実力派である。こちらも今後の活躍に目が離せないと個人的には思っている。
 


データ最終更新:2012.10.2