トップページへ リフト★   
   一本勝負!

このスキー場に
      行け!

ゲレンデ     
   ヌーヴォー

極私的     
 スキー場批評

スキー場    
    歴訪記録

スキー場用語 
     小辞典

雪の素材集 雪山千夜一夜物語 websiteの 
     道具箱

リンク集
http://yomo-ski.sports.coocan.jp/ サイトマップ


アフィリエイトってどうよ?
 2004年6月にこのサイトのデザインを全面変更して、その際にアフィリエイトプログラムを始めた。「アフィリエイトを始めたい!」と思っている皆さんもいらっしゃるだろうから、参考になればと思って書いておく。初めに断っておくが、書店で並んでいるような本のように「ウハウハ儲かる」わけではない。

▲各アフィリエイトサイトの違い

 ◆A8.netValue Commerce
 雑誌に「初心者でも始めやすい」とあったので、まずはA8.netに加入してみた。これだけではアフィリエイト先も限られるだろうと思い、Value Commerceにも加入。2つに加入すると、いろいろと使い勝手の相違が見えてくる。サイトや数値で比較できるようなことは除いて、実際に使ってみての違いをまとめてみた。
 まずは、広告枠の作り方についてである。A8.netでは広告枠と広告内容は1対1である。昔からある「看板」をイメージしてもらえばいいだろう。直感的でわかりやすい反面、広告主が撤退した場合、それをサイト上から削除しなければならず、弊サイトのようにすごくページ数がある場合はメンテナンスが大変である。Value Commerceはそれが1対多である。(もちろん1対1もできるが)まず広告枠を設定し、そこに表示される広告内容をいくつか設定するのである。最近野球場のバックネットやサッカーのゴール裏に設置されている、「スクロールする看板」のような感じである。利点はメンテナンスの手軽さと、デザイン上あまり広告部分のエリアを確保できない時にも多種の広告を掲載できることである。また、いつも同じ広告が出るわけではないので飽きがこないという面がある。逆にデメリットとして、広告枠と広告内容を設定しなければならない面倒くささがある。また、1対多に設定した場合、どの広告が出るかはアットランダムなので、必ずしもページビュー数とクリック数が比例しない。また、色彩設計の面からもどんな色のバナーが出るかわからないのも難点。
 次はメールマガジンでのサポートである。これはA8.netのほうが見やすい。新着クライアントがわかりやすいのがいい。
 サポートサイトの使い勝手は一長一短。A8.netはIEじゃないと使えないのが難点。Value Commerceは「今提携しているクライアントはどこか」とか、「現在の収入は?」とかがすぐに見つけられない。
 そのほか、A8.netでは自分が運営している複数のサイトを登録することが可能なので、それぞれのサイトの収入が少額でも合算することにより最小支払い額(A8.netなら5000円)に達しやすくなる。自分自身での利用でも可能なプログラムが多いのもポイント。(基本的には不可であるが、自分での利用が可能なプログラムはその旨が明記されている)Value Commerceでは、マッチスマートというGoogle AdSense(後述)に似た、「サイトの内容にあったような広告を表示してくれる」サービスがあるのは見逃せない。

 A8.net  Value Commerce

 ◆Amazon
 「homebpageの道具箱」で少しながら本の紹介もしているので、そのために加入してみた。ただ、紹介している本の種類が少ない上にマニアックすぎるので、クリックもほとんどない。従って、アフィリエイトとしての使い勝手などもあまりわからない。

 ◆Google AdSense
 これは上記のアフィリエイトと違って、「サイトの内容を自動的に判断して、最適な広告を表示する」という仕掛けである。言い換えると、どんな広告が出るかはわからないので、意図しないモノが表示されることもある。
 これのいい点は、「内容によって勝手に表示される」ので、クライアントを選ぶ手間がなく、またメンテナンスも不要であることである。また、広告枠の色を自由に設定できるので、色彩設計の面からも都合がいい。弊サイトで左側下部においてあるのも、メインのコンテンツと色を合わせることができるという利点があるからである。
 以前は米ドルでの支払い(小切手が送られてくる)しかなかったが、2005年8月から日本円での支払いもしてくれるようになり、このデメリットも解消された。
 https://www.google.com/adsense/?hl=ja
 ▲実績はどうなのか?
 さて、最大の関心事であろう、今までの実績である。冒頭に書いたように「毎月ン万円のお小遣いが!」なーんてオイシイ話ではない。一番多いのはGoogle Adsenseである。これだけはすでに1度支払いもあったぐらいである。(逆に言うとその程度しかない)2番目がA8.net。ただ、自分自身での利用が結構な割合になっている。3番目はValue Commerce。A8.netとかぶっているクライアントは、A8.netでの契約になっていることが一因。
 いずれにせよ、労力の割には収入は少ない。商品を説明したりするような造りであればともかく、弊サイトのようなコンテンツではキビシイだろう。あえてお奨めするなら、Google AdSenseか。


データ最終更新:2005.10.12