トップページへ リフト★   
   一本勝負!

このスキー場に
      行け!

ゲレンデ     
   ヌーヴォー

極私的     
 スキー場批評

スキー場    
    歴訪記録

スキー場用語 
     小辞典

雪の素材集 雪山千夜一夜物語 websiteの 
     道具箱

リンク集
http://yomo-ski.sports.coocan.jp/ サイトマップ



 サイト事始 
  このサイトを立ち上げて早や5年近くが経とうとしています。そもそも、なんでこのようなサイトを作ったのか、振り返ってみましたので、よろしければご覧ください。

スキーを始める
 当然ながら、スキー場がどうのこうのと言うからには、まずは私がスキーにはまる必要があるわけです。
 さて、元々運動神経0の私にとって、スポーツ自体あまり進んでやるわけでもなく、スキーなんて「わざわざ寒いときに寒いところに行ってバカみたい」な、特にご遠慮したい部類のスポーツでした。
 そんな私が、職場旅行で草津スキー場に行くことになってしまいました。まあ、付き合いということもあり、やむなく「スキー場デビュー」した訳です。職場のみんなが上部のゲレンデに行ってしまう中、私は一番下のリフトを繰り返し滑りました。初めは何度転んだか分かりません。しかし、リフト1本ごとに転ぶ回数は少なくなっていきました。「私でもこんな短時間に上達していくことができるスポーツがある」ということに気づき、いっぺんにスキーというスポーツが好きになってしまいました。
 翌シーズンからは毎週のごとくスキー場へ。どうせならいろいろなスキー場に行ってみたい、と思い、なるべく未訪のスキー場を選んでいました。とはいえ、スキーをしに遠いところまで行くのですから、そこそこ規模の大きいところ、つまりガイドブックのカラーページに載っているようなスキー場ばかり行っていました。
新潟への転勤
 そうこうしているうちに、新潟へ転勤することになりました。
 スキーヤーにとっては小躍りしそうな話かも知れませんが、正直言ってあまり乗り気ではありませんでした。遊びとしての雪と生活の中にある雪は別だからです。
 とはいえ、スキー場に近いということはいいことで、「今日は天気も穏やかだからちょっとスキーにでも行くか」などと、気楽に出かけられます。何本も滑るわけではないので、バラエティに富んだコースがある遠くて混んでいそうなスキー場より、こじんまりしていても近いスキー場の方がいいわけです。ところが、手元にあるスキー場ガイドではどんなスキー場なのかほとんど分かりません。行ってみると、きれいなレストハウスがあったり、コースがいろいろあったりと、いい意味で予想を裏切るスキー場が結構ありました。当然ながら「予想通りのスキー場」もありましたけどね。
そしてサイト立ち上げ
 ちょうどそのころ、Nifty-Serve(現@nifty)で知り合った仲間内で「ホームページを作る」ってのが流行りました。というか、あいつが作れるんだったら俺も作ろう、ってな感じで、サイトが立ち上がっていきました。(それらは「リンク集」の「個人」ジャンルに並んでいます。)
 そんな中、私もブームに乗り遅れまいと、サイトの作成に取りかかりました。どうせ作るならいわゆる「個人サイト」よりは、どこにもないようなサイトを目指そうと思い、ちいさいスキー場の紹介や、スキー場業界用語など、あまり世の中に知られていないようなことを取り上げていこうという基本コンセプトで、サイトを作っていきました。
 そして多少の体裁が整ったのが、1998年の12月。その当時は、「リフト★一本勝負!」「このスキー場に行け!」「スキー場用語辞典」と非常にこじんまりしたメニューでした。もちろん、それぞれのコーナーの内容も貧弱で、一度来ていただければ、あっという間に見終わってしまうような、そんなささやかなサイトでした。
雌伏の時
 「雌伏」と書けばかっこいい感じですが、当初ビュー数は伸びませんでした。そんな大した内容のないサイトでしたし、掲示板もなかったので、当然といえば当然でしょう。さらに春になればスキー場サイトなど閑散たるもの。カウント数をいちいちチェックしていませんでしたのでよくは分かりませんが、だれも見に来ていない日があったんだろうなと思います。
 そのうち、再度転勤により、新潟から東京に戻ることになりました。そんな中でも着々とコンテンツは増えていきました。最低でも1ヶ月に1回は更新するようにはしたと記憶しています。
 そして、サイトを開設して丸2年が経ったころ、アクセスカウンターがいやに増えたことに気づきました。累計でだいたい5000ぐらいになったころでしょうか。ちょっと興味を持って毎日数字を記録していきました。どうやら1日に10人以上の方が見に来てくれているようです。多少はサイトを作った甲斐があったなぁ、とは思ったものです。その後夏場のたるみはあったものの、徐々にビュー数は増え、翌年(2002年)の1月には10,000ビューを迎えることになりました。
そして今
 2003シーズン、区切りの長期休暇を会社からいただけることになり、それを利用して、北海道のスキー場巡りをしようと計画を立てました。さて出発という矢先、とあるところからメールが来ました。Yahoo!Japanです。「Yahoo!に登録するからご承知おきください。」という内容。まあ、検索サイトに掲載されるのですから断る話でもなく、ほおっておいたまま、北の国へ旅立ちました。約10日間のスキー旅行から帰ってきて、「どのぐらい増えているかな?」とアクセスカウンターを見たところ、びっくり。1日で3桁、つまり100人以上の方が来られているではありませんか。恐るべし、Yahoo!Japanです。
 
 これを書いているのは、今シーズン訪問したスキー場のレビュー記事もやっと作り終わり、勢いでサイトマップも作り一段落したところです。ふと、いままでを振り返りたくなり、これを書いてみました。
 今後とも、本サイトを時々はのぞいてみてやってください。よろしくお願いします。

(2003.8.15記)


データ最終更新:2003.8.15