トップページへ リフト★   
   一本勝負!

このスキー場に
      行け!

ゲレンデ     
   ヌーヴォー

極私的     
 スキー場批評

スキー場    
    歴訪記録

スキー場用語 
     小辞典

雪の素材集 雪山千夜一夜物語 websiteの 
     道具箱

リンク集
http://yomo-ski.sports.coocan.jp/ サイトマップ


知られざるスキー場
 リフトが1本しかないようなスキー場ばっかり取り上げておいて、なにが「知られざるスキー場」だ!という声も聞こえてきそうだ。しかし、「リフト」と称する建造物は国土交通省の許認可が必要で、それがどこに設置されているかは、「鉄道要覧」を見れば一目瞭然である。
 それに引き換え、ロープトゥについては、国土交通省の許認可がいらないために、どこにどう設置されているかがまとめてわかる資料はお目にかかったことがない。もっと言えば、撤去することについても許認可が不要なので、せっかく訪れても、すでに廃止であることも間々あろう。かくのごとく、ロープトゥしかないスキー場を把握するのは難しいのである。
 そんななかでも特に珍しいと思ったスキー場を紹介する。なんと、短大所有のスキー場があるのである。さらに、そこに通う短大生だけではなく、時間限定ながら、一般にも開放されているのである。
  と、前フリが長くなってしまったが、スキー場データのフォーマットを使って紹介してみよう。
  専修大学北海道短期大学 せんしゅうだいがくほっかいどうたんきだいがく
 
北海道美唄市字美唄1610-1
0126-63-4321

Website:http://www.senshu-college.jp/


◆Overview
 専修大学北海道短期大学の構内にあるスキー場。
 スキー場には2本のロープトゥが設置されている。下の緩斜面に1本、上の中斜面に1本である。上に上がるロープトゥは乗り場付近も斜度があって、乗るのは一苦労。ただ、上部ゲレンデも整備が行き届いているので、頑張れば初級者でも滑走は可能。
 給食施設はもとより、一般の人が使用できる休憩施設もない。
 アクセスは簡単。平坦だし、大学への案内看板を辿っていけばいいので、非常にわかりやすい。
 このようなスキー場を無料開放してくれる太っ腹な学校サイドに感謝して滑走しよう。
 
◆ゲレンデガイド

1校舎
2.守衛
3.クラブハウス(らしい)
4.ここにも少しは停められそう(いいのかどうかはわからない)
 
 
◆料金(2007シーズン)
 無料
   
◆アクセス
 1.光珠内駅 2.専修大学北海道短期大学
 3.美唄・旭川へ
    
◆営業期間
一般開放日・時間は上記の学校サイトを参照願いたい
基本的にはナイターのみである
 

◆リフト
名称 種類 傾斜長 高低差 輸送力 VTM 備考
  ロープトゥ 不明 不明 不明 不明  
  ロープトゥ 不明 不明 不明 不明  


ゲレンデ全景
 
ゲレンデトップから見下ろしたところ
 
クラブハウスとおぼしき建物


データ最終更新:2006.8.1