トップページへ リフト★   
   一本勝負!

このスキー場に
      行け!

ゲレンデ     
   ヌーヴォー

極私的     
 スキー場批評

スキー場    
    歴訪記録

スキー場用語 
     小辞典

雪の素材集 雪山千夜一夜物語 websiteの 
     道具箱

リンク集
http://yomo-ski.sports.coocan.jp/ サイトマップ


シュレップで屈曲(2)
 前項で「シュレップリフトな上に、途中で屈曲している」なんていうリフトはすごいレアだ!と言った舌の根も乾かぬウチになんだが、もう1ヶ所シュレップリフトなのに屈曲しているリフトがあった。福島県の「柳津温泉スキー場」にあるリフトがそれである。スキー場自体、珍しいことが満載のスキー場で、それについては別項を設ける予定である。
 屈曲しなければならない理由は実に簡単で、まっすぐに架けるとゲレンデを分断してしまうからである。

屈曲リフトのレイアウト概要
 
リフト全景 赤線で示したのは屈曲したあとの支曳索の位置
拡大図はこちら
 さて、屈曲部の構造は結構複雑。下の写真を見ていただきたい。あちこちに支曳索や搬器が見えるが、これではなにがなにやら、わからないと思う。画像をクリックしていただくと、支曳索を示した図になる。緑線が上り線、赤と青が下り線である。なんでこんなややこしい装置が必要なのか、よくわからない。とにかく、眺めていると搬器があちこちに動いていて、不思議な感じである。Flash環境がある方は、こちらをみていただきたい。何がなんだかよく分からない感じが伝わると思う。

  このリフトもまた、中間で降車することができる。屈曲したあとの支柱の手前に、コースがあるのを見て取れるだろう。ただ、ここで降りてもいいとか、なんの案内看板もない。
 リフトを含め、施設がやや古く、また土曜日の割に入り込みも少なく、いつスキー場自体が廃止されてもおかしくないので、ぜひとも早めの訪問をお奨めする。


データ最終更新:2005.8.13