トップページへ リフト★   
   一本勝負!

このスキー場に
      行け!

ゲレンデ     
   ヌーヴォー

極私的     
 スキー場批評

スキー場    
    歴訪記録

スキー場用語 
     小辞典

雪の素材集 雪山千夜一夜物語 websiteの 
     道具箱

リンク集
http://yomo-ski.sports.coocan.jp/ サイトマップ




屈曲リフト訪問記


 かねてよりの念願であった、北海道の「嵐山市民スキー場」に行って来た。スキー場自体のレビューは「スキー場★一本勝負!」のコーナーに譲るとして、ここでは、このタイトル通り、そこに設置されている「屈曲リフト」について書いてみようと思う。
 ここのリフトが「屈曲」でなければならない理由はただ一つ。「まっすぐに架けると支柱が異常に高くなる」である。その谷にはその地形を逆手にとってジャンプ台が2本ある。もちろん直線的にリフトを架ければジャンプ台を作ることはできないだろうが、それは関係ないだろう。
 さて、実際に乗ってみた感想はというと、「これって、ディズニーランドの”ピーターパン空の旅”みたい」なのである。具体的に言うと、山を上がって行くにつれ、曲がる先の搬器が見えてくる。支柱の「まがります」という文字に「見りゃわかるじゃん」とか思いつつ、カメラを構えていると、予想外なほど、外に振られる。この感覚が「ピーターパン空の旅」なのだ。それはともかく、シングルリフトというせいもあってか、落ちるかと思ったほどである。それもそのはず、シングルリフトとしてはけして遅くはない1.8m/sなのである。あなどるなかれ、屈曲リフト。

 曲がる部分 これから左方向に曲がる
 支柱には赤い字で「まがります」、黒い字で「はんきにつかまってください」(とひらがなで)書いてある
 
 曲がっている最中の光景
 画面の左に大きく写っている搬器は下り
 非常に不思議な構図である
 一旦頂上まで行き、屈曲している部分まで滑り降りてみた。このときの写真を下に掲げてある。眺めれば眺めるほどおもしろい構造なのだが、あまりじっくり見ているのも変なので、ほどほどにしてその場を去った。
 気になる、このリフトの行く末であるが、たぶん当面は存続するであろうと思われる。なにしろ、このリフトしかこのスキー場には存在しない。つまり代替リフトがないし、また直線的に架けようにもジャンプ台の存在があり事実上不可能である。
 ということで、旭川に訪れた際は是非その実物を見てほしいものである。

2006.3.31追記 2006.2.26をもってこのスキー場は廃止になってしまった。屈曲リフトがあったスキー場だけに非常に惜しいことである。

 曲がる部分をゲレンデから写してみた
 中央に写っている赤い人はすでに曲がっている
 拡大図を用意したので見てほしい【拡大図】
 
 曲がる部分をしたから写してみた
 これも拡大図を用意した これを見ると左側に曲がっているのがよくわかる【拡大図】


データ最終更新:2006.3.31