トップページへ リフト★   
   一本勝負!

このスキー場に
      行け!

ゲレンデ     
   ヌーヴォー

極私的     
 スキー場批評

スキー場    
    歴訪記録

スキー場用語 
     小辞典

雪の素材集 雪山千夜一夜物語 websiteの 
     道具箱

リンク集
http://yomo-ski.sports.coocan.jp/ サイトマップ




屈曲リフト畸譚


 個性派のリフトというと、途中で曲がる「屈曲リフト」がその筆頭であろう。「滑走コースを遮らないように」とか、「片側が崖のために、支柱が高くなりすぎる」といったような理由で、途中で横に曲がるリフトのことである。
 しかし、残念ながらこのリフトは減りつつある。なんといってもその屈曲部の構造の複雑さがアダになり、その結果曳索速度が上げられないとか、メインテナンスが大変だとか、とにかく疎まれる傾向にあるようで、それが証拠に、野沢温泉や湯沢高原ではすでに廃止になってしまったし、戸狩温泉でもあることはあるのだが私が訪れたときは稼働していなかったりと、まぁ、冷遇されているというか、風前の灯火なのである。
 これは屈曲リフトが日本のスキー場からなくなるのも時間の問題か、と思っていたのだが、それは私が「井の中の蛙」であるだけだということがわかってきたのである。
 少なくともあと2カ所に屈曲リフトがあるらしいのである。
 1カ所目は北海道の「嵐山市民スキー場」。詳細な情報は不明なのだが、とあるWebのゲレンデガイドを見ると、リフトが屈曲であることがわかる。
 もう1カ所は九州の「グリーンピアなかがわ」。こちらも詳しい情報が不明で、さらにグラススキー場なのでなかなか情報がない。
 どちらのスキー場も、いずれは訪れてこの目で確かめたいものである。
【追記】 2001シーズンに戸狩温泉スキー場に訪れた友人の話によれば、今シーズンより屈曲リフトは廃止されたそうである。非常に残念なことである。(2001.8.9記)


データ最終更新:2001.8.9