トップページへ このスキー場に
      行け!

ゲレンデ    
   ヌーヴォー

極私的     
 スキー場批評

スキー場    
    歴訪記録

スキー場用語 
     小辞典

雪の素材集 雪山       
千夜一夜物語

websiteの 
     道具箱

リンク集
http://yomo-ski.sports.coocan.jp/ サイトマップ

  濁河温泉スキー場 にごりごおんせん  
 
岐阜県下呂市小坂町落合
0576-62-3373

Website:http://homepage3.nifty.com/nigorigo/


◆Overview
    岐阜県と長野県の県境にあるスキー場。スキー場名となっている濁河温泉は通年営業としては日本でもっとも高い標高を誇る温泉だそうである。
 ゲレンデは無圧雪の上級コースがリフトに沿って2本ある。また迂回するコースが初・中級コースとなっている。リフトが1本のわりにコース数がたくさんあるのが特徴。ただ、訪れたときは雪の量が少な目で、下部のコース図は一部パンフレットからの推定である。リフトにつながるロープトゥは無償で乗ることができる。
 標高が高いので、雪質はすばらしい。上級者は無圧雪の斜面を存分に楽しめるだろう。
 食堂はラーメンやカレーなど、一通りある。ビールは自販機の缶ビールのみ。
 アクセスはあまり楽とは言い難い。国道41号線からの県道はバスが走るぐらいなのでそれほどでもないとは思うのだが、カーブが連続していて、雪道になれていない人にはつらいだろう。また、御岳チャオからの道は、幅があまりなく、対向車が来ると場所によってはすれ違いが厳しい。また、夜間は通行できないので、スケジュールには注意が必要。
◆ゲレンデガイド


1.食堂
2.レンタル・リフト券売場
3.ペアリフト
4.ロープトゥ リフトに乗るときは無償
5.ロープトゥ
6.ハヤブサコース 無圧雪の上級コース
7.モズコース 幅がせまい 下部は斜度が緩くなるものの無圧雪で、中級にはややつらい
8.キツツキコース 雪付きがよくない
9.メジロコース リフト沿いのコース
10.コマドリコース 快適な中斜面
 
 
◆料金(2008シーズン)

券種 料金 備考
一回券 \ 200  
一日券 \3,000 平日は昼食付き
半日券 設定なし  
11回券 \2,000  
ロープトゥ1回券 \100  
ナイター 営業なし  
駐車場 無料  
 子供料金設定なし
 
◆アクセス

 


 1.濁河温泉 2.御岳チャオスキー場
 3.道の駅はなもも 4.湯屋温泉 5.飛騨小坂駅
 6.国道からは斜めに曲がっていく
 7.下呂へ 8.国道361号線へ
 9.この辺から道が厳しくなる
 ★上の図と下の図での同じ位置を示した
  
◆営業期間

12月 1月 2月 3月 4月
__ __ __ __ __ __ __ __ __ __ __ __ __ __ __
   12月下旬から3月中旬まで
 

  早朝 午前 午後 夜間  
全日                  9:00〜16:00
 
◆その他の情報
●近隣のスキー場  
御岳チャオスキー場
 

◆リフト
名称 種類 傾斜長 高低差 輸送力 VTM 備考
  ペアリフト 590m 185m 1,200人/時 222  
  ロープトゥ 不明 不明 不明 不明  
  ロープトゥ 不明 不明 不明 不明  


ゲレンデ下部
ハヤブサコースが見える
 
リフト降り場付近
立ち枯れた木々が気候の厳しさを物語る
 
リフト降り場付近のコースサイン
木製なので雰囲気がいい
         

食堂
 
食堂内部
近くの小学校のスキー授業だった
 
メニュー一覧


データ最終更新:2008.2.19