トップページへ リフト★一本勝負! このスキー場に
      行け!

ゲレンデ    
   ヌーヴォー

極私的     
 スキー場批評

スキー場    
    歴訪記録

スキー場用語 
     小辞典

雪の素材集 雪山       
千夜一夜物語

websiteの 
     道具箱

リンク集
http://yomo-ski.sports.coocan.jp/ サイトマップ

  金谷山スキー場 かなやさん  
 
新潟県上越市大字大貫
0255-26-5111(上越市役所・商業観光課)

Website:Not Available


◆Overview
   日本にはじめてスキーが伝えられたとされるスキー場。
 そういった歴史はともかく、実に味わいのあるスキー場である。まともに滑り降りられるコースはリフト沿いの一本だけ。あとは、尾根沿いを若干歩かなければならない。
 しかし、これも「快適なアメニティ」を追求する流行りのスキー場とはかけ離れたこのスキー場の「味わい」である。
 雪質はまるでよくないが、雪質云々より、営業している期間がすごく短いので、そんなことにとやかく言ってはいけない。これもまた、「味わい」として思えるのである。
 まともに推奨できるのは、その眺望。上越市の市街が一望で、夜はさぞかしきれいであろう。ナイター施設がないのがなんとも残念。
 スキー場にあまりお客がいない割には、食堂(多分通年営業)があって、多少の腹の足しにはなる。
 なお、スキー場の脇には「日本スキー発祥記念館」がある。この記念館はこじんまりとはしているものの、それなりに楽しめる。史実もさることながら、2階にはなぜかアルペンレーサーが置いてあるという、一風変わった資料館である。「レルヒ少佐の遺品」のなかに、「レルヒ羊羹」があるのも、笑える。
 一日券がないのも変わっているが、なんと言っても1回券がたったの100円。回数券でさえ、1000円である。その回数券もほかでは見られない紐付き。
 とにかく、エキセントリックな楽しみのあるスキー場である。

 も一度行きたい度★★
 
◆ゲレンデガイド

 
 
◆料金(2001シーズン)

券種 料金 備考
一回券 \100  
一日券 設定なし  
半日券 設定なし  
11回券 \1,000  
ナイター 設定なし  
駐車場 無料  
 
◆アクセス

 


 
◆営業期間

12月 1月 2月 3月 4月
__ __ __ __ __ __ __ __ __ __ __ __ __ __ __
    12月下旬から3月上旬まで
 但し、少雪の年はほとんど営業していない

  早朝 午前 午後 夜間  
全日                  9:00〜17:00 

 

◆リフト
名称 種類 傾斜長 高低差 輸送力 VTM 備考
ペアリフト 固定式シングル 264.72m 74.98m 600人/時 45  


リフト降り場から上中級コースを望む 向こうに上越市街が望める
 
記念館には、レルヒ少佐の遺品に混じって、「レルヒ羊羹」が。。。。そーじゃないだろ、とツッコミたくなる。


データ最終更新:2003.3.3