トップページへ リフト★一本勝負! このスキー場に
      行け!

ゲレンデ    
   ヌーヴォー

極私的     
 スキー場批評

スキー場    
    歴訪記録

スキー場用語 
     小辞典

雪の素材集 雪山       
千夜一夜物語

websiteの 
     道具箱

リンク集
http://yomo-ski.sports.coocan.jp/ サイトマップ

  土樽スキー場 つちたる  
 
新潟県南魚沼郡湯沢町土樽
0257-87-2700

Website:http://www.princehotels.co.jp/


◆Overview
   実に、開業が昭和16年という由緒あるスキー場。
 しかしながら、このスキー場の現在の特徴はそのアクセスの風変わりさにある。なんと、土樽駅(無人駅)の構内を通っていくのである。というか、そもそもスキー場の駐車場がなく、いいのか悪いのかわからないのだが、土樽駅の駐車場(といってもこれまた10台ぐらいしか止まれそうにない)に止めて、土樽駅の改札を抜け、看板の指すまま、跨線橋を渡り、下り線のホームの端からゲレンデにたどり着くのである。さらに、リフト乗り場はやや離れたところにあり、昔あったロープトゥがあればどんなに楽だろうなぁ、などと思いながらゲレンデを歩かねばならない。
 このような思いをしなくていい方法もある。スキー場のすぐ脇にある「土樽山荘」に泊まるのである。ここに泊まればそこの駐車場が利用できるはずである。ただ、スクールに入る以外に、ここで一日を過ごすのは難しい。
 アクセスの解説にかなり行数を使ったが、ゲレンデ自体は、初中級者向けで構成されている。ちゃんと圧雪されているのに、リフトを使っての繰り返し滑走には向かないコースもある。実にもったいないのだが、リフトを作ったところで来客数が増えるわけでもなさそうで、それはそれでもったいない。
 雪質はこの地区特有のしっとりした雪で、必ずしもいいとは言えない。もっともここで上手く滑られるようになれば、どこでも楽しく滑降できるであろう。
 なお、給食施設はなく、これまた「土樽山荘」にお世話になるしか方法がなさそうである。
 道沿いには適宜看板があるので道順自体はわかりやすい。
 最後に付け加えると、ここがコクドであるということ。10年ほど前に買収(というか救済)したとのことである。

 も一度行きたい度 ★なし
 
◆ゲレンデガイド


 
◆料金(2002シーズン)

券種 料金 備考
一回券 \300  
一日券 \2,000 平日
  \2,500 土日祝・12/29-1/3
半日券 \2,000 土日祝・12/29-1/3
〜13:00,12:00〜
11回券 設定なし  
ナイター 営業なし  
駐車場 なし  
 小学生以下・55才以上の料金設定あり
 なお、料金設定は年によって頻繁に改訂されるようである
   
◆アクセス

 


 
◆営業期間

12月 1月 2月 3月 4月
__ __ __ __ __ __ __ __ __ __ __ __ __ __ __
   12月下旬から3月下旬まで

  早朝 午前 午後 夜間  
1/7頃まで          9:00〜16:00
月金土日祝          9:00〜16:00
他の火水木          休業
 年によって頻繁に変更されるようである
 

◆リフト
名称 種類 傾斜長 高低差 輸送力 VTM 備考
  固定式ペア 375m 140m 1,200人/時 168  


土樽駅の入り口
ドアの左側に「土樽スキー場入口」と書かれている
 
山頂付近からの眺め
右側のコースに行くとリフトに乗るのに苦労する


データ最終更新:2002.5.25