トップページへ リフト★   
   一本勝負!

このスキー場に
      行け!


極私的     
 スキー場批評

スキー場    
    歴訪記録

スキー場用語 
     小辞典

雪の素材集 雪山       
千夜一夜物語

websiteの 
     道具箱

リンク集
http://yomo-ski.sports.coocan.jp/ サイトマップ

  軽井沢スノーパーク かるいざわすのーぱーく
 
群馬県吾妻郡長野原町北軽井沢2032-16
0279-84-1227
Website:http://www.presidentresort.jp/


◆Overview
 群馬・長野県境にあり、浅間山を望めるスキー場。
 コースは4本。山を大きく迂回するのが初級者コース。一部斜度がきつめなので、全くの初級者には厳しいかも。そういう向きには第3リフト(短めのリフト)やチュービングコース脇のベルトコンベアを利用できる。
 全体的に、コンパクトなのでロングクルージングは望むべくもないが、それぞれのコースはそれなりの斜度があるので滑走感がある。
 また、チュービングも別料金は不要。大人でも結構楽しいので、数本滑ったら、アクセントに利用するのもいい。
 第3リフトから降りたゲレンデは上部から中級者が滑り込まないように、ネットで仕切るという工夫がなされているのは、好感が持てる。
 給食施設は、なかなか力が入っている。メニューのバリエーションもさることながら、「地産地消」を強く意識したメニュー作りであるのはいい試み。イラスト付きで「このメニューはこんな食材が使われています」と掲示されているのがいい。
 アクセスはちょっときつい。インターから降りたあとの県道や、国道146号は坂やカーブが連続する。2車線道路なのですれ違いに窮すると言うことはないが、凍結路に慣れていないとつらいかも。

 アクセスはやや難があるものの、首都圏から近いし、晴天率も高く、また浅間山を望めるのはポイントが高い。また、給食施設も平均点を大幅に上回る。ゲレンデ規模が小さいのも、ファミリーにとっては迷子になりにくいという利点もある。
 
◆ゲレンデガイド

1.チケット売場
2.食堂・休憩施設
3.そり遊びエリア(ベルトコンベアあり)
4.チュービング・初心者スキーエリア(ベルトコンベアあり)
5.ここから望む浅間山が素晴らしい
6.訪問時クローズしていてレベルは推定
 
 
◆料金(2010シーズン)
券種 料金 備考
一回券 設定なし  
一日券 \3,500
半日券 設定なし  
2時間券 \2,000
4時間券 \2,500
ナイター券 営業なし  
入場料 \500  
駐車場 無料  
 ※の券種は入場料込み料金
 小学生以下,55歳以上料金設定あり
 ファミリーパック各種あり
   
◆アクセス
  1.碓井軽井沢IC 2.碓井バイパス
 3.軽井沢町役場
 4.軽井沢プリンスホテルスキー場
 5.軽井沢駅
 6.中軽井沢駅
 7.高崎・東京へ
 8.長野へ
  
◆営業期間
12月 1月 2月 3月 4月
__ __ __ __ __ __ __ __ __ __ __ __ __ __ __
12月中旬から4月上旬まで
 
  早朝 午前 午後 夜間  
全日          8:30〜16:10

 
◆その他の情報
●近隣のスキー場
軽井沢プリンスホテルスキー場  

◆リフト
名称 種類 傾斜長 高低差 輸送力 VTM 備考
第1ペア 固定式ペア 423m 133m 1,200人/時 159.6  
第2ペア 固定式ペア 393m 121m 1,200人/時 145.2  
第3ペア 固定式ペア 不明 不明 不明 不明  


ゲレンデマップの5付近から浅間山を望む
 
ゲレンデマップ5から分かれていく中級コース
斜度はあるがフラットに整地されているので滑りやすい
 
第3ペアより下のコースを上部から見たところ
上からのコースとリフトから降りたコースの間にネットが張られている
         

食堂・休憩棟
気の風合いを生かしたデザインがいい
 
メニュー一覧
 
一部のメニューにはこのような手書きイラスト入りの解説があって、食欲をそそる
左は「信州アルプスサーモンのクリームスパゲティ」


データ最終更新:2011.1.6