トップページへ リフト★一本勝負! このスキー場に
      行け!

ゲレンデ    
   ヌーヴォー

極私的     
 スキー場批評

スキー場    
    歴訪記録

スキー場用語 
     小辞典

雪の素材集 雪山       
千夜一夜物語

websiteの 
     道具箱

リンク集
http://yomo-ski.sports.coocan.jp/ サイトマップ

  スキーリゾート天栄 すきーりぞーとてんえい  
 
福島県岩瀬郡天栄村大字湯本字二俣国有林
0248-84-2501

Website:Not Available

◆Overview
   深い山間にあるスキー場。
 コース図を見れば分かるとおり、バリエーションがあり、どちらかというと上級者むけの設定になっている。特にリフト沿いのコースは「天栄のカベ」と呼ばれ、こぶが間断なく続き、リフトから丸見えであるところから、いわゆる「発表の場」である。初級者コースも一応あるものの、初級と言うにはややタイト。エプロン部には雪遊び場が設けられている。
 休憩所のメニューは一通りあり、生ビールもちゃんとグラスでサーブされる。ちなみに、生ビールを頼むと、ちょこっと漬け物がついてくるのが嬉しい。
 ゲレンデからはシンボルマークとも言える風力発電機が見える。風力発電機自体は峰にあり、スキー場には風の影響はあまりないので、安心されたい。
 アクセスはなかなか厳しい。東京方面からだと、白河ICより羽鳥湖スキー場へ行く道を経由する上がるルートが一般的と思われるが、羽鳥湖湖岸の道が狭い上にブラインドカーブが連続し運転しにくい。また、羽鳥湖スキー場のルートともかぶるために、低速での運転を余儀なくされる可能性が高い。
 多少遠回りでも、294号線から118号線に入るのがお勧め。逢坂峠もけして楽とは言えないが、2車線ある分、遙かに快適なアプローチが可能であろう。
 
◆ゲレンデガイド


1.センターハウス 
2.雪遊び場
3.初級にはややきびしいか
4.無圧雪の短いカベ
5.天栄のカベ コブだらけ

 
 
◆料金(2004シーズン)

券種 料金 備考
一回券 \250  
一日券 \2,500  
半日券 設定なし  
12回券 \2,500  
ナイター 営業なし  
駐車場 \500 平日無料
 小学生以下料金設定あり
  
◆アクセス

 


 1.湯本温泉 2.湯本小学校 3.湯本中学校
 4.羽鳥湖 5.須賀川へ 6.羽鳥湖スキー場へ
 7.白河へ 8.湯本温泉街 9.二岐温泉へ
 
◆営業期間

12月 1月 2月 3月 4月
__ __ __ __ __ __ __ __ __ __ __ __ __ __ __
   12月下旬から3月下旬まで
  早朝 午前 午後 夜間  
全日
         8:00〜16:00
 
◆リフト
名称 種類 傾斜長 高低差 輸送力 VTM 備考
  固定式ペアリフト 567m 不明 1,200人/時 不明  


センターハウス 左側が食堂 屋根の雪が雪の多さを物語る
 
ゲレンデを下から望む 左が天栄のカベ 右が初級コース


データ最終更新:2004.2.22