トップページへ リフト★   
   一本勝負!

このスキー場に行け! ゲレンデ    
   ヌーヴォー

極私的     
 スキー場批評

スキー場    
    歴訪記録

スキー場用語 
     小辞典

雪の素材集 雪山       
千夜一夜物語

websiteの 
     道具箱

リンク集
http://yomo-ski.sports.coocan.jp/ サイトマップ

  たざわ湖スキー場 たざわこ  
 
秋田県仙北市田沢湖田沢湖生保内字下高野73-2
0187-46-2011

Website:http://www.hana.or.jp/ski/tazawako/


◆ここが買い!
   ここのイチオシは給食施設にある。下の写真1を見ていただきたい。これはゲレンデ中腹にある「かもしか」というレストハウスの、食券売場前には、町の定食屋のように、日替わりのメニューがある。写真を撮ったときは2種類しかないが、なんと5種類もあるのである。*1(すでに売り切れていた)そのほかに通常のメニューもある。とにかく、メニューのバラエティがすばらしい。味もなかなかである。
 時間帯によっては、揚げ玉とか、ちょっとした天ぷらとか、おまけがある心配りも嬉しい。
 室内は全面禁煙なのもいい。(2006シーズンより)食後に一服したい気持ちは分かるが、食事中に紫煙を吸わされるのは気分のいいことではなく、この思い切りの良さに拍手を送りたい。
 さらにすばらしいのが、「おいしかったか、まずかったか」という簡易アンケートシステムがあること。それが写真2である。青い玉がニコニコ(おいしい)、赤い玉がプンプン(まずい)を表していて、それを下の筒状の投票ボックスに入れていくのである。味は感じ方があるだろうから、一概には言えないが、こういうモノを置く志を高く買いたい。
 
 リフトの応対も上々。2005シーズンはあまり誉められたものではなかったが、2006シーズンは改善されている。これで、リフト発券の対応などが向上してくればいうことはない。
 料金設定も工夫されている。小学生は1日券がたったの1,000円だし、未就学児にいたっては無料である。さらには、一番下の緩斜面に架かるリフトだけは小学生も無料である。未来のスキー来場者を育てようという心意気がある。
 また、5時間券・6時間券は、使わなかった時間分を集めると、5時間券に引き換えてもらえるという、キャリーオーバーシステムがある。ここまでサービスしなくても、とは思うのだが、とにかく至れり尽くせりである。
 最近増加しつつある韓国からの来場者への対応も見るべき点がある。随所にハングル文字を見かけるが、さらに他ではみたことがない韓国語のパンフが用意されている。(日本語は一つもない)
 
 そのほかにも、2006シーズンは2005シーズンに比べ改善された点があり、今後にすごく期待が持てるのもポイントである。
 斜面も初級者向けのほぼ平らな斜面から、上級者向けの無圧雪斜面までバラエティがある。こんなスキー場が首都圏の近くにあったら、間違いなくダントツの人気になるであろう。

*1 2008シーズンの訪れた際は、このシステムはなくなってしまい、凡百のレストランになってしまった。麓のレストラン(レラ)は横手焼きそばvs富士宮焼きそばという企画をしていて、それはそれでおもしろいのだが。(2008.2.9追記) 
 
◆料金(2006シーズン)

券種 料金 備考
一回券 \350  
一日券 \3,200  
半日券 設定なし  
5時間券 \2,500  
6時間券 \3,200 食事券付き
11回券 \3,500  
ナイター \1,600  
駐車場 無料  
 中学生・小学生・60歳以上料金設定あり
 ※未就学児は無料
 ※初滑り・春スキー料金設定あり

◆リフト
名称 種類 傾斜長 高低差 輸送力 VTM 備考
銀嶺クワッドリフト 自動循環式クワッドリフト 1,566m 371m 2,400人/時 890.4 フードつき
水沢リフト 固定式ペアリフト 933m 150m 1,200人/時 180
銀嶺第1リフト 固定式ペアリフト 771m 不明 1,200人/時 不明  
銀嶺第2リフト 固定式ペアリフト 814m 不明 1,200人/時 不明  
銀嶺第3リフト 固定式ペアリフト 830m 不明 1,200人/時 不明  
黒森山リフト 固定式ペアリフト 528m 165m 1,200人/時 198  
かもしかクワッドリフト 自動循環式クワッドリフト 1,083m 不明 2,400人/時 不明 フードつき
:ナイター営業


写真1 レジの前のスペースに今日のスペシャルメニューがおかれている
 
 


写真2 「ニコニコプンプンアンケート」
カレー・ラーメンのメニューごとにアンケートを入れられる
一番右は「お客様のマナーはどう?」というアンケート
 


黒森山頂上付近からメインゲレンデを望む
黒森山ゲレンデはなかなか手強い
 
 
水沢ファミリーコース 広い緩斜面はまさにファミリーコース
 


データ最終更新:2006.6.21